核心技術分野

Global技術競争力の確保と優秀な技術の現場応用

Core Technology

1988年に設立したSamkee Automotiveの技術研究所はGlobal技術競争力確保のために材料部門、素材部門、生産自動化部門に多くの研究開発を遂行していてその結果を現場に応用しています。

高性能のAluminium合金開発及び変形に関する研究と機械的物性及び鋳造性に対する核心技術開発を通じて材料部門の力量を強化していて、Computer シミュレーションを活用した充填解釈、凝固解釈、素材変形予測解釈を通した素材開発に対する技術力を向上して現場に適用しています。自動化、無人化生産工程技術に対する研究を通じて最適な生産活動を遂行するのに必要な現場技術を提供しています。

研究実績

素材開発

自動車構造用Aluminium合金開発
Aluminium微細化及び改良処理に関する研究
Aluminium合金の機械的、熱的性質に関する研究

研究実績
鋳造 Simulation

充填と凝固の解析を通じて鋳造方案の最適化
残留応力解析による素材変形の予測
応力解析によるEjection Pin配置の最適化

研究実績
鋳造技術

Non-Dendritic組織形成のたのSlurry鋳造工法開発
高真空 Die-Casting工法開発

研究実績
生産技術

素材加工及び組立工程自動化
Jig及びFixtureの自体設計及び開発

研究実績

生産技術

生産工程核心技術の管理による最上の生産効率と原価節減





Samkee Automotiveは最上の生産効率と最適原価達成するために生産工程に必要な多様な要素技術を活用しています。

  • 最適物流を考慮
    した工場Layout技術
  • 鋳造、切削加工及び
    組立工程の省力化
  • 最適原価 Setup
  • 品質及び生産性確保
    のため設備の自体設計、
    製作、適用
  • 先端工程設計を通
    じて開発期間短縮
このような要素・技術は設計から考慮して最終量産段階に至るまで段階別に適用して、
現場エンジニアから受けた運営Feedback・Data分析を通じて修正と補完を経て生産工程核心技術で管理運営しています。